利用方法

利用にあたって

ともと学ぼう、ともに育とう、ともそだち!

 “大学的学び”のスタートを支援するために、学習支援センター(SLAサポート)は、学び手の主体性を大切にしたサポートを行っています。そのため、授業になかなかついていけない・高校レベルの復習をしたいというようなリメディアル的サポートから議論をしたい・先取りで勉強したいというようなレベルアップ的サポートまで範囲は幅広く受け付けていますが、「答えを教えてください」というような質問には対応致しません。
また、先輩学生であるSLAはすべての正解を知っている存在ではありません。学部1・2年生の皆さんも、そうしたSLAの特徴を踏まえた上で、学習をあと一歩進める・深めるためにSLAを上手に活用していってください!

利用の仕方(基本編)

IDカード写真

初めての利用の際は、IDカードを作成します。

*次の年度も同じカードを使用します

*紛失した場合は再発行が可能です

次ステップへ
スケジュール板の写真

予約不要のDrop in方式です。平日2~5コマ(昼休み含む)に窓口を開いています。科目によって窓口の開いている時間帯が異なるので、詳しくはスケジュールを確認してください。

センター入口前の看板なら最新&SLAの人情報も確認できます

次ステップへ
待ち札の写真

利用者が重なった場合は、「待ち札」を発行し、その時点から30~40分で次の方の対応に移れるようにします。

*テスト期間中などの混雑時も30分対応となる場合があります

次ステップへ
利用記録の写真

質問の際は、「利用記録」に記入をお願いします。

質問・対応記録用紙(利用学生さんの記入欄は上部のみです!)

次ステップへ
利用学生の声(アンケート)の写真

質問が終わったら、「利用学生の声(アンケート)」への記入をお願いします。

*「利用学生の声」の一部をセンターの壁面に掲示しています。

「利用学生の声」(毎回必須は3項目のみ!)

利用の仕方(分野別編)

理系科目(物理、数学、化学等)

◎平日2~5限の間で、物理・数学・化学の担当別に窓口を開いています。
開いている時間は曜日によって異なります。 → スケジュール

◎「物理」「数学」「化学」という名前になっていますが、関連する授業科目は対応可能です。
また、待機中のSLA学生によって得意分野が異なりますので、それ以外の対応が可能なこともあります。

◎もちろん、文系学生の利用も可能です!

◎具体的な質問以外でも、勉強の仕方に関しての相談や“先輩の話を聞いてみたい”というような利用もOKです!

英会話

◎英会話カフェと1on1英会話の2形態を設けています。
「英会話カフェ」は、複数人参加型で担当SLAがその会をコーディネートします。
「1on1英会話」は、マンツーマン型で利用学生さんのニーズに応じた英会話をします。

◎平日4・5限が中心です。
時間・曜日はセメスターによって異なります。 → スケジュール

◎「使える英語」を目指して、「英会話」を主に対象としていますが、「1on1英会話」では、
英作文のアドバイスやスピーチの練習等、個別のニーズに応じることもできます。

ライティング

◎平日2~5限の一部で窓口を開いています。 → スケジュール

◎レポートはもちろん、メールの書き方やレジュメの書き方など
文章作成に関わる全般の質問・相談もOKです!

自主ゼミ

◎放課後(18:00~20:00)の時間を中心に、A棟4階教室の貸し出しを行っています。

◎初めての際には、自主ゼミ支援についての説明を行った後、自主ゼミ登録書を作成していただきます。

イベント

◎各種学習イベントを不定期に開催しています。
企画がある際は、ポスタースケジュールにて案内をします。

◎過去のイベントを知りたい人は、活動記録をご覧になってみて下さい!