ブログ

2018年5月14日

第3回『レポート指南書』入門ゼミの様子

第3回『レポート指南書』入門ゼミが、5月7日(月)から10日(木)にかけて、計4回行われました。
テーマは「レポートの構成を見抜け!―アウトラインの実践法―」で、計32人の参加がありました。
GW明けにもかかわらず、参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました!

今回は、レポートの構成を理解することとアウトラインを作成することについて学びました。

レポートの構成は、序論・本論・結論から成るものですが、
これを理解したからといって、すぐにレポートが書けるというものではありません。

そこで必要になってくるのがアウトライン(全体の構成)の作成です。
指南書ゼミの中では、マインドマップを使いながら、実際にアウトラインの作成を行いました。
レポートの本文をいきなり書き始めるのではなく、
ある程度全体のイメージを考えたうえで書き始めることの有効性が分かったのではないでしょうか?
ぜひ実際のレポート作成のときにも活用してみてください!

次回の指南書ゼミは、
第4回「誰でもできる!わかりやすい文章―パラグラフ・ライティングの書き方―」です。
構成を学んだ次は、具体的に文章の書き方について学びましょう!

たくさんの方の参加をお待ちしています!!

カテゴリー 活動紹介